「借換え」を考えているあなたが知るべきこと

今回の記事では、もう既に現時点において、借り入れをされている方の中でも特に、現在利用をされているところ以外である、いわゆる他社への「借換え」を考えておられる方向きの、テーマである内容の記述がなされてあります。

実際にも、現在の商品での設定利息が高い、サービス・システム面での不具合が多い、消費者側向きでは無いサービス内容面での傾向がある、などといった悩みを抱えておられる方にとっても、大変有望な内容の記載ですので、ご一読をする価値がある記事です。

「借換え」でのお申し込みの審査は、日本国内ではとても厳しい傾向あり

これは特に、現在の日本国内でも問題になっている傾向がある課題でもありますが、通常の形である借入れなどに比べると、借換えにおいての審査のハードルといったものが、異常に高い傾向が確かにあります。

事実、その審査面においてのSNSやブログでの投稿記事、コメント掲示板や専門サイトなどにおいて、苦情の内容からなる記事や書き込みなどが少なくはありません。

十分な返済能力面での資力などがあるのにも関わらず、ただ、お申込み時においての担当者との質疑応答での際に、申込者側から伝えた情報の一部に誤りがあったなどといった理由で、後日に書面・口頭などでのやり直しなども許さずに、そのまま審査で落としたりするなど、容赦の無いところがあります。

こうした事情から、借換えのお申込み審査時においての、あまりの厳格さの顕著なところが各金融会社・金融機関とかにある傾向がありますので、やはり、こうした課題は克服をしていくべきものの1つという面も否定は出来ません。

借換えをするので、現在利用中のサービス運営者である事業者がお申込み時においての妨害をしてくる事もあり

やはり、お金の貸し付けをしながら、その利息で収益を得ている金融会社・機関という事業者ですので、顧客を失う事は不利益を被る事に該当します。

こうした事情から、現時点でご利用をされている貸付け商品サービスでの運営者である事業者側が、借換えお申込みなどを、様々な形で妨害をしてくるケースなども、多く報告をされたりしています。

それでは、実際に借換えお申し込みをして、現在利用しているサービスの運営者である事業者側(貸主側)からの妨害に遭ったりした場合、借主側である消費者の立場としてどうしたら良いのか、今からその事について触れます。

このような場合、借主側であるこちらとしては、ただ、借換えをしたいだけですので、無視をしながら、利用したいサービス先の運営者である事業者の担当者からの指示に従いながら、手続きを完了して審査中は、その担当者からの連絡があるまでは余計な事は一切しないようにします。

この原則を守りながら、借換え手続きを完了させていく事が、とても大切です。

ネットの有無に関係なく、借主側の情報は筒抜けである事を理解しておく事

借入れをもう既にしている状態ですので、個人信用情報機関・信用保証会社などの情報管理者を通じて、借主本人の情報は、全ての金融会社・機関などの貸主側へ筒抜けです。

借換えのためのお申し込みをした事が直ぐに、今話した情報管理者を通じて、現在のサービスの貸主側へ伝わりますので、その点をよく認識・理解をしながら、借換えの検討やお申込み手続きをやっていく必要性が不可欠です。

今話したように、大変厳しい実態がこの国日本では借換えお申し込みにおいてありますので、こうした環境に対して、如何に、申込者である希望者本人が、効率よく対応をしていけるかが、まさに課題と言えます。

まとめ

今回の記事でもお話をさせて頂いたように、この日本では特に、借換えのサービス利用に関しての面で、厳格な審査面での厳しさ、個人信用情報の担当機関による保護面での問題、そして、既存のサービス運営事業者である貸主側による対応面での妨害行為という誠実さに欠ける態度、これらの面での諸課題があります。

健全な借換え手続きをしていくという面では、現在の日本国内においての厳しさといったものがありますので、この点を如何に克服をしていけるかが、無視出来ないところです。